ねずみの生態を知ろう|定期的にダニ駆除をすること

男性

被害を食い止めるために

一軒家

殺鼠剤の使い方

姿形は愛らしいねずみですが、家に住みつかれると甚大なねずみ害が発生することがあり、そうなる前にねずみ駆除を行う必要があります。寝入っているときに天井裏で暴れられたり、電線のコードを噛み切られたりなどの家の設備の配線が壊される場合やまた最悪火災の原因になることもあります。そこで、殺鼠剤を使用しての駆除を行いますが、設置する場所はねずみがでやすい場所や見かけた場所に設置します。ねずみは非常に警戒心が強く頭も良い動物ですので、一度殺鼠剤を設置したら一定期間は置き続ける必要があります。すぐに殺鼠剤を食べることはありませんが、殺鼠剤がある環境に慣れてくると警戒心がなくなり食べ始めますのでそれまでじっと待つことが大切です。また、ねずみ駆除の為に置く殺鼠剤はねずみが食べなくなるまで置き続けることが大切です。

ねずみの習性

害獣となるねずみの種類は、どぶねずみ・くまねずみ・はつかねずみの3種類があげられますが、それぞれに大きさや習性に違いがあります。基本的にねずみの種類に応じたねずみ駆除を行うのが効果的ですが、どのねずみかわからない場合はくまねずみの対処でねずみ駆除を考えます。くまねずみは配管や壁伝いの垂直移動が得意で、家の中に巣をつくる習性をもっています。家の天井裏で走り回る音がしたら、殆どがくまねずみの仕業であり、天井裏がくまねずみの運動する場所となっている可能性が高いです。くまねずみは基本的に何でも食べてしまいますが、特に好むものに雑穀類があります。家の中に食べ物や生ごみを置いているとねずみが住みやすい環境を整えてしまうことになるので、生ごみはふたのしまるごみ箱に捨て、食べ物はくまねずみが侵入できない場所に保管するといいでしょう。